福島県ケアマネージャー求人一覧

福島県の 求人を、196件掲載中

ケアマネージャーの求人を市区町村・施設形態・条件で、絞り込むことができます

《 求人情報 》

特徴
昇給あり  退職金あり 
給与
月給:経験を考慮の上決定致します。 賞与:4.1ヶ月/年 退職金制度/昇給有り

《 職場情報 》

特徴
車通勤可 
勤務地
福島県 伊達市
最寄り
高子駅から車で5分程度
職場概要
病院でPSWの募集です★ 将来のリーダー候補となる方を求めておりますので、ある程度ご経験を積まれてい...

【非公開求人】 居宅介護支援事業所でケアマネジャーの募集です@

  •   福島県 いわき市
  •   ケアマネージャー
  •   居宅
  •   常勤
  •   お問い合わせ番号 : C27596

《 求人情報 》

特徴
昇給あり  退職金あり  年間休日110日以上 
給与
【月給】179,800円-215,000円  基本給164,800円-200,000円  資格手当 10,000円  精勤手当 5,000円 【特記事項】 ※給与規定により下記支給 ・時間外手当  ・住宅手当   ・家族手当   【賞与】年2回・計4.20月分(前年度実績) 【昇給】年1回 【退職金】制度有 ※勤続2年以上 【通勤手当】月上限50,000円

《 職場情報 》

特徴
車通勤可 
勤務地
福島県 いわき市
最寄り
車通勤可(駐車場有  1,000円/月)
職場概要
居宅介護支援事業所でケアマネジャーの募集です 経験者優遇、キャリアを活かせる職場です



ケア人材バンクで転職を成功させた成約者の声

  • 秀美さん
  • ブランクを経てケアマネとして転職成功
前職をお辞めになったきっかけ
実家の祖母の介護のために退職しました。その時のケアマネジャーとしての経験は2年弱でした。
ケア人材バンクに登録されたきっかけ
新聞の広告で「看護・介護の仕事はケア人材バンクにお任せ!」という記事をみて、母がまず電話したようです(笑)。母から言われるがままに指定された電話番号に電話しまして、そのまま登録しました。
登録から採用に至るまでに感じられたこと
ケアマネジャーとしての経験をしてからブランクが2年あったため、仕事を探すのに勇気が必要でした。病院の情報もなかなかわからない状況でした。はじめは半信半疑で登録したのですが、担当のキャリアパートナーの方からの的確なコメントを聞いていると自分の進むべき方向が次第に明確になってくるのがわかりました。今思うとはじめの面談の時に自分の希望や不安に思っていることをしっかり話すことが出来て、その上で親身に相談にのってくれたキャリアパートナーの方のおかげだと思います。希望ばかり言うわがままな私の話に1時間半も付き合ってくれてありがとうございました。今は初心に帰ってケアの仕事に取り組んでいます。勤務している病院は私の希望通り教育体制がしっかりしていて、少しずつですがケアの現場に復帰しております。ありがとうございました。

CJBケア人材バンクケア人材バンクの特徴

医療・介護に特化した株式会社エス・エム・エスキャリアが運営しているメリット

医療、介護のお仕事紹介に特化した、株式会社エス・エム・エスキャリア が、日本全国でサービスを提供しているため、さまざまな介護施設や医療機関の求人を紹介することが可能です。
老健、特養、有料、居宅、グループホーム、サ高住、デイサービス、デイケア、訪問介護から、小規模多機能、障害者施設、地域包括まで、ハローワークや協会では見つけにくい求人情報を幅広く取り揃えています。
ケアマネジャー取得直後の未経験の方、介護支援専門員更新研修をきっかけにケアマネ職の復職を考えられている方など、さまざまなご要望に対応いたします。


福島県のケアマネジャーを取り巻く環境について

福島県は、近年発生した災害などで、老人介護施設も数多く閉鎖に追い込まれました。また、災害の影響で介護従事者も他県に移動したりしたため、高齢者介護の問題は深刻化しています。未だに復興が不完全にしか完了していない土地では、老人の介護に回す人員も無いために、これまで通りかこれまで以下の人数で、介護に対応して行かなければなりません。そのため福島県では、ケアマネジャー職の求人が多数あります。県内だけではケアマネジャーの数が足りないために、県外からの招聘も奨励されています。福島県で介護事業に従事する事は、他の県とは違った苦労があるため、求人には人が集まりにくい状況にもなっています。災害などで苦労している人々を助けるために、ケアマネジャーとして来てくれる人に対しては、手厚いサポートをしている企業もあります。行政も何かと便宜を図ろうとしていますが、結局の所は個々人の頑張りが大切な状況になっています。さて、福島県では災害復興が進んだといっても、道路などが壊れたまま、孤立した集落もあります。住み慣れた土地を離れることを余儀なくされて、精神的に追い込まれているお年寄りも、未だに数多く存在しています。また、介護に携わる側にも、未だに大きな心のショックを背負ったまま、それでも懸命に他者の世話をしているという立派な人々がいます。他県からやってきてケアマネジャーに付く場合は、高齢者への配慮の他に、厳しい事情に耐えながら仕事を頑張る、職場仲間のケアにまで目を向けなければなりません。それだけ人間関係のキビに対してアンテナを張っていなければ勤まらない仕事ですが、反面、他県からの客観的な視線が、その土地のニンゲンを救うことだってあります。職場仲間や高齢者の心の機微を敏感に察知して、例えばタイプが近くて話しやすそうな人同士を組み合わせてあげるなどの配慮が、とりわけ必要になってきます。心のケアをしたいと思ったら、ぜひ求人に応募をお願いします。