京都府 船井郡京丹波町ケアマネージャー求人一覧

京都府船井郡京丹波町の 求人を、2件掲載中

船井郡京丹波町内のケアマネージャーの求人を市区町村・施設形態・条件で、絞り込むことができます

昭和60年設立法人!ワークライフバランス◎グループホームでのお仕事です@船井郡

ラポールささゆりの宿のイメージ画像
募集職種 ケアマネージャー/管理職(介護)
雇用形態 常勤/非常勤
施設形態 グループホーム
勤務地 京都府 船井郡京丹波町
特徴 昇給あり  退職金あり  車通勤可 
お問い合わせ番号 C27347

《 求人情報 》

給与
【月給】229,700円-237,200円
 基本給187,200円-187,200円
 処遇改善手当 5,000円
 特定処遇改善手当 7,500円-15,000円
 資格手当 30,000円

【特記事項】
夜勤手当 1回4000円
家族手当 配偶者7000円 子供3500円

【賞与】年2回・計2.50月分(前年度実績)
【昇給】年1回 月/3,000円-45,000円(前年度実績)
【退職金】制度有 
【通勤手当】月上限50,000円
【定年】65歳※再雇用70歳迄
最寄り
車通勤可(駐車場無料) 和知 駅より 徒歩 15分
職場概要
昭和60年設立法人! ≪南丹市のGHで計画作成担当者募集!≫ 【コンサルタントから一言】 ◎ご家...
【非公開求人】C31024のイメージ画像
募集職種 ケアマネージャー
雇用形態 常勤
施設形態 居宅
勤務地 京都府 船井郡京丹波町
特徴 昇給あり  退職金あり  車通勤可 
お問い合わせ番号 C31024

《 求人情報 》

給与
【月給】153,900円-※経験学歴考慮


【特記事項】
職務手当22,000円
資格手当(主任ケアマネ14,000円、ケアマネ12,000円)

【特記事項】
・住宅手当(規定による)
・家族手当(規定による)
【賞与】年2回(前年度実績計4.00ヵ月分)
【昇給】年1回
【退職金】あり 勤続年数1年以上
【通勤手当】あり(上限あり14,000円)
最寄り
車通勤可
職場概要
手厚い手当て! ★住宅手当家族手当あり ★賞与4.00ヶ月分 ■ワークライフバランスに長けています...




京都府船井郡京丹波町のケアマネージャー人気求人ランキング

アドナース居宅介護支援センター

京都府 京都市西京区
居宅
常勤

★年間休日127日★居宅ケアマネ募集です@京都市西京区

【給与】
【月給】235,000円
 基本給 235,000円
 移動手当 15,000円

【賞与】年...

介護ステーションたいよう 居宅介護支援

京都府 京都市中京区
居宅
常勤

居宅ケアマネのお仕事です@中京区

【給与】
【月給】185,000円-
 基本給185,000円-

【特記事項】
職能手当(26件以上で...

ももやまケアプランセンター

京都府 京都市伏見区
居宅
常勤

未経験歓迎!居宅介護支援事業所でのケアマネジャーのお仕事です@伏見区

【給与】
【月給】 186,500円‐282,500円※面接後決定、経験前職等考慮あり

【特記事項】
...

ケア人材バンクで転職を成功させた成約者の声

  • 良恵さん
  • ケアマネジャーとしてより待遇のよい職場へ転職成功
前職をお辞めになったきっかけ
結婚を機に、新しい土地で老健のケアマネジャーとして働き始めましたが、そこはケアマネジャーがかなり少なく、夜勤が月に8回もありました。頑張りましたが体調を崩しがちになってしまい、もう少し余裕をもった働き方がしたいと転職を決意しました。
ケア人材バンクに登録されたきっかけ
前回は求人広告を見て転職をしたのですが、夜勤の回数など条件面で、広告に出ていた内容と、働き始めてからでは全く違ってびっくりしたという経験がありました。ケア人材バンクでは、キャリアパートナーの方がしっかり事前確認をしてくれると友人に聞き、登録することにしました。
登録から採用に至るまでに感じられたこと
面接で給与面や休日・勤務時間などの希望を言いにくくて嫌だなと思っていたのですが、事前にキャリアパートナーの方に伝えておけば、あらかじめ内容を加味して探してくれるということだったので本当に助かりました。また、前回失敗した条件面も、働き始める前にしっかり書面で確認できたので、心配なく働き始める事ができました。

京都府のケアマネジャーを取り巻く環境について

京都府ではケアマネジャーの求人をおこなっております。日本は1970年に全人口に占める高齢者の割合が7パーセントを超え、高齢化社会に突入しました。今更に超高齢社会へと爆進しております。2013年現在の小学校の子供達が60歳代になるころの2050年には、3人に1人が高齢者という社会になります。高齢者の増加に正比例して増えるのが、障害や疾病、特に認知症といわれる病気のため、だれかに世話をしてもらわなければ生きていけない「要介護者」となってしまいます。誰もが、家族に介護してもらうのがいちばんと望んでも、人口学的に見ても、世話ができる家族の人数は少なくなるのですから、家族だけではとても無理で、介護のプロにお願いせざるを得なくなります。これから、ますます加速度を増す超高齢社会の水先案内人であるケアマネジャーの存在はより重要になってまいります。現在、京都府でケアマネジャーの配置を義務付けているのは、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の他に急増しているグループホーム(認知症対応型共同生活介護)などですが、介護保健の申し子のような、この資格者を必要とする職場はどんどん増えているのが実情です。2000年の介護保健の創設で、行政の「措置」から、利用者の「選択」の時代に一大改革した福祉業界には、さまざまな異業種からの参入が相次いでいるからです。鉄道や外食産業など、福祉とは縁のなかった業種から参画する場合、まず求めるのが介護保健のエキスパートであるケアマネジャーの有資格者なのです。この資格を取得する動きも活性化しております。この資格の中で、いちばん多いのは看護師で、ついで介護福祉士となっております。最近では、看護師と介護福祉士や社会福祉士というように、医療と福祉の両方の資格を併せ持っている人も多くなっております。今後、更に有望となるこの職業のエキスパートを求人募集しております。