介護支援専門員(ケアマネジャー)とは


  1. 介護支援専門員とは
  2. 介護支援専門員なるには
  3. 介護支援専門員の資格を活かした仕事・転職
  4. 転職成功事例

介護支援専門員とは

一般的には「ケアマネジャー」と呼ばれますが、「介護支援専門員」が正式名称となります。
介護支援専門員の仕事内容は、利用者の希望や心身の状態等を考慮し、適切な在宅や施設のサービスができるように市町村、在宅サービス事業者、介護保険施設等と利用者同士をつないでいくことで、これが介護支援専門員の大きな役割の一つです。その際に「ケアプラン」の作成を行います。

ケアプランとは、どのような介護が必要かということについて、要介護者・家族の希望に基づいて介護支援専門が作成する介護サービス計画のことです。
そのほか、要介護認定に関する業務や、給付管理に関する業務も行います。

介護支援専門員になるためには、実務研修受講試験に合格後、実務研修(6日間程)を受けなければなりません。介護支援専門員試験の合格率は3~4割程です。


仕事内容は

介護支援専門員の仕事内容は介護利用者に最適なケアプランを作成することです。そのために、介護支援専門員は介護保険利用者さんやそのご家族との充分な相談、理解が求められます。


業務内容

介護支援専門員の業務には要介護認定に関する業務、介護支援サービスに関する業務、給付管理に関する業務などがあります。


介護支援専門員なるには

介護支援専門員になるには

介護支援専門員になるには、「介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験」に合格し、介護支援専門員の資格を取らなければなりません。
試験に合格すると、介護支援専門員になるための「実務研修」を受ける資格を持つことができます。「実務研修」の合格者は、後日行われる「介護支援専門員実務研修」を終了することにより介護支援専門員の資格を取得できます。


介護支援専門員試験の受験資格

以下の資格を取得しており、実務経験5年以上を経過している者。医師、歯科医師、薬剤師、保健婦・士、助産婦、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士を含む。)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士で、その資格に基づき当該資格に係る業務に従事する者(これ以外の国家資格等は該当しません。)
※業務については、要援護者に対する直接的な対人援助が、当該者の本来業務として明確に位置づけられていることが必要です。当該資格等を有していても、要援護者に対する直接的な対人援助ではない(研究業務を行っているような期間)は、実務経験期間に含まれません。


試験日までに社会福祉主事任用資格またはホームヘルパー2級課程に相当する研修を修了しており、実務経験5年以上かつ900日経過している者。
介護等の業務に従事する者で、試験日までに10年以上かつ1,800日以上の実務経験を有する者。
法令等に基づいて相談・援助業務に従事する者を配置することとされている施設や事業において当該業務に従事する者(実務経験5年以上かつ900日)


介護支援専門員試験は年一回行われます。全国同一日(例年10月から11月の日曜日)に一律の問題で実施され、合格発表日は各自治体で異なりますが、概ね12月頃になります。


介護支援専門員試験の受験申込みの締め切りは例年7月から8月(各自治体によって異なる)であり、問題形式は多肢選択形式の全60問です。大きくは「介護支援分野25問」、「保健医療分野20問」、「福祉分野15問」の3系統に分けられ、保健医療分野のうち5問は「総合」と呼ばれます。


また、介護支援専門員試験には取得している国家資格により免除科目があります。


介護支援専門員試験について

護支援専門員試験は年一回行われます。全国同一日(例年10月から11月の日曜日)に一律の問題で実施され、合格発表日は各自治体で異なりますが、概ね12月頃になります。


介護支援専門員試験の受験申込みの締め切りは例年7月から8月(各自治体によって異なる)であり、問題形式は多肢選択形式の全60問です。大きくは「介護支援分野25問」、「保健医療分野20問」、「福祉分野15問」の3系統に分けられ、保健医療分野のうち5問は「総合」と呼ばれます。


また、介護支援専門員試験には取得している国家資格により免除科目があります。


介護支援専門員試験スケジュール

手引書配布例年5月~6月(都道府県により異なる)
申込期間例年7月から(都道府県により異なる)
試験日例年10月中旬(全国統一)
試験地都道府県指定地
合格発表例年12月ごろ(都道府県により異なる)

介護支援専門員試験データ

受験申込書保健所、福祉事務所、介護保険担当主管課の手引きを利用
試験内容60問5肢択一
受験手引き受験申込書、実務経験証明書
受験料9,000円(都道府県により異なる)

介護支援専門の主な就職先

介護支援専門員の主な就職先は居宅介護支援事業者や介護保険施設、その他病院・診療所や老人ホームなどです。


介護支援専門員の資格を活かした仕事・転職

11000件の求人案件から
介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を活かした
お仕事探し・転職を考えてみませんか?

当社では、介護支援専門員(ケアマネジャー)さんのお仕事探しのお手伝いをさせて頂いております。
今すぐご紹介を希望される方から、いずれ転職をお考えの方まで、どなたでもご登録頂けます。登録から紹介、採用決定までの費用はすべて無料です。
もちろん、個人情報などの秘密は厳守いたします。専門のキャリアパートナーが皆様のご意見を十分にお伺いし、ご希望される勤務地、待遇、職種、職位、雇用形態などにあった最適の職場をご紹介させて頂きます。

  • ・福利厚生がしっかりしたところで働きたい
  • ・介護支援専門員としての実務経験が無いけど採用してくれるところはあるの?
  • ・パソコンが使えないけど大丈夫なのか?
  • ・ケアプラン作成に専念したい

転職成功事例

転職成功例1 38歳 介護支援専門員 210万円 → 450万円 240万円 UP

前職訪問介護事業所(ヘルパー)
転職先居宅介護支援事業所(介護支援専門員)
転職のきっかけヘルパーの視点にたったよいケアプランを作りたいという情熱が伝わった
転職活動を振り返って資格取得後、ケアマネ業務を行う機会に恵まれなかったので本当にうれしいです

転職成功例2 36歳 介護支援専門員 350万円 → 410万円 60万円 UP

前職施設
転職先居宅介護支援事業所(介護支援専門員)
転職のきっかけ定年を機に新しい分野でチャレンジしたいという前向きな姿勢
転職活動を振り返って最初は不安もあったが、職務内容を一つ一つ確認するうちにまだやれると思いました

転職成功例3 45歳 介護支援専門員 470万円 → 680万円 210万円 UP

前職訪問看護ステーション所長
転職先在宅介護部門責任者
転職のきっかけ経験で培われた高いスキルと所長をしていたことでのリーダーシップを持っていたこと
転職活動を振り返って医療系での経験しかなかったにも関わらず、好奇心のあったところによい話を頂いた

自分に合った仕事をキャリアパートナーに聞く

ケア人材バンクに登録


求人情報を調べたい

求人情報を見る